2017年01月21日

補償、代償

マメな人がモテる


昔、「マメな人がモテる」という話を
聞いたことがあるが
これは 明らかにウソである.

だって、普通に考えて
モテにつながるような「魅力」というのは、
「サービスの良さ」とは全く関係が無い.

補償行為


ただし、基本的な魅力が低い人が
マメなサービスなどの
「他の、代わりの価値」によって
自分を選んでもらおうとする
…という考え方は、理解できる.

実際「マメなサービス」を徹底した人が
そのカイあって、いい展開になった
…ということは、結構あるのかも知れない

それでも、決して勘違いしてはならないのは
「他の、代わりの価値」は
「本質的な価値」を 上げているのでは無くて

基本的には「ごまかし」に過ぎない
ということ.

事実でも


だから、実際に、どこかの誰かに
「マメにしていてモテた」ということが
たしかにあったとしても…
「マメな人がモテる」というのはウソである

たしかに「マメなサービスの提供」は
それなりに、何か(利便性)の価値を上げるけれど
それは「モテ、魅力」とは 全く別種のものだ

…というか、マメなサービスなんかで
選んでもらおうと思っているという魂胆は
どちらかと言えば あまり魅力的とは思えない

補償行為


一般的にも、あるいは モノ作りでも…
「補ってる人、補う行為」を見習ってはいけない

まぁたしかに、
何らかの「補う行為」でもしないと
常人には 成功への道が無い…なんてことも
あるのかも知れないけれど

「代わりの価値」を上げることばかりに
意識が向いてしまったら…
「本質的な価値の向上」は
より一層、おろそかになるばかり.

少なくとも、まずは
「本当に必要な要素は何か?」と考えて
これを理解した上で

補助手段としての「代わりの価値」を
検討する…くらいに考えていないと
「道を間違う」
あるいは
「間違った道をすすんでいることにも
気づけ無いまま」となる可能性は高いだろう
posted by qzb02432 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考えてみよう

2017年01月20日

ネガティブ

前向き


「前向きな姿勢」が 周囲に好印象を与える
…なんてことがあるけれど

基本的には、内容に関わらず、人って
向いている方向が「前」
なのが普通である.

つまり、たいていの場合
何かをしている人は、全て
「前向き」であるはず.

ポジティブ


しかし、一般的な認識は 全然違う.

たとえば…様々な物事に手を出して
見聞や経験が豊富な人のことを
「ポジティブ≒前向きな人」などと言う.



それと比べると、たとえば私などは
出不精だし、新しいことは面倒がるし…
かなり「ネガティブな人」ということに
なるのかも知れない.

まぁでも、そんな「イメージ」は
何になるものでも無い.
周囲の人たちから「あの人、ポジティブ!」と
思われることは、別に 何の価値でも無いし.

…というか、そんな周囲の目を
気にして何かをするのって、
ネガティブな原動力であるような気もする

ネガティブとは


私なりの「ネガティブ」の定義は
自分の「すること」や「決断」に
納得が無かったり
「後ろめたさ」を持っている様子
のことを言う.

たとえば…
他人がしていることを自分がしていない際に
「ああ、オレって、ポジティブじゃ無いなぁ〜」
などと思うのは、まさに「ネガティブ」であり
そういう思い込みでいる人は、
「ネガティブな雰囲気」を発することになる

でも、自分が「しない」決断に納得があり
この「手を出さない」ことを誇れる人は
私は「ポジティブ」であると考える.

だって、自分からすすんで決めたことを
「前向きに、した」ということなのだから

しない決断


実際「何でも すればいい」というものでは無い

表面的には ネガティブに見えるような
「別に、何もしない!」
「何かを やめる!」
「何かに 反対する!」…などの行為だって

本当にしない!する必要が無いと思うのならば
「しないぞ!」と思うほうこそ
「前向きな姿勢」であるはず

イメージ


逆に、表面的には
新しいことに飛び込むような行為であっても

そこに「仕方なくやる感じ」
「させられてる感」「後ろめたさを持ってる」
などのイメージでいたら、
それは「ネガティブさ」を発するだろう

簡単に言えば
「自分がしたいようにしている人」
というのは、それだけでポジティブであり、

したくないことは、しないと決められるからこそ
その人は、自分がしたいことに全力でとりくめる

だから…全く同じ行為であっても
「その行為に対するイメージ」によって
その人が、前向きな雰囲気を発するか
あるいは、ネガティブっぽいかが決まる

前向き、後ろ向き


つまり、大事なのは、行為の中身では無くて

自分の決断や行為に
「ネガティブorポジティブなイメージを
抱いているかどうか」ということが肝心である

表面的には「ポジティブっぽいこと」であっても
「他人の顔を伺って」仕方なくしているならば
それは ネガティブ.



自分をポジティブ人間に見せたいがために
「いかにもポジティブっぽいこと」を
見せつけ的に行う人というのもいるけれど

そのように、自分の思いと違う「ムリ」をしても
出るのは「違和感」でしか無い…と私は思う

周囲の目


特に、言えると思うのは
「周囲の目を気にする」ことは
基本的に、ネガティブな行為である
ということ

人は、自分が「すべき、したい」と思うことに
集中できている時が、最もポジティブであると
私は思う
posted by qzb02432 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心の持ち方

2017年01月19日

周囲との調和

無理したありかた


現代の社会では、個人が
どんな考えを持ち 何をしようが
…犯罪で無い限りは 基本的に自由であるが

でも、周囲や世間の常識やイメージと
かけはなれたような 思想を持ったり
「なじまない」行為をするのは
ラクでは無いことが多い.

何か「ヘンなこと」をしていると思われたら
それが、たとえ悪いことでは無くても
「周囲の目を気に」したり
「説明」したりするのが、面倒であり

そのようなムダなことに
時間やパワーを使わされるハメになる

調和したありかた


そういう意味では
周囲に「なじむ」思想や行動を
しているほうが、ずっとラクである.

周囲に調和した思想や行動は、
最初から、皆に理解されているので
いろいろと説明しなくても済むし、
堂々とやっていても、怪しまれないわけで

余計な面倒が無い分、
その活動に 全力を注ぎ込むことができる

すべきこと


今、自分が何を「すべき」か?と考える際も

自分自身に問いかけると同時に、
「自分の周囲や世間」を見てみたら
…そこに ヒントはあると思える

つまり、周囲が「期待するようなこと」や
世間が「求めていること」をしていたら
それがラクして 価値や存在感を高めることに
つながるはず



企画や創作などのクリエイティブな行為も
まずは「周囲や世間に 敵視されない」ような
ところから はじめたら、それがラクだと思う

まぁ「世間や環境を変革するんだ!」などと
たいそうな理念を持っているのであれば
この限りでは無いが

違和感


クリエイティブな行為の場合は

「目立つ必要」や「差別化のため」に
「違和感を仕込む」必要もあるだろうが

この場合でさえ、その内容は
「周囲や世間に なじむように」調整することが
「周囲や世間に 受け入れられる品」を
創る上で、非常に重要だと言える.

それは「中身、思想」だけじゃなくて
その中身を
「どんな所で、どんな相手に、
どんなタイミングで」披露するのが良いか?
…と 考えることも含む.

その際「周囲や世間」というのは
「どうしたら、より良くなるか」の
ヒントかガイドとして機能するはず

流されてる


ちなみに
「周囲との調和を考える」ことは
周囲に「流される」ということとは全然違う.

まぁ、単に流されている人も
ある意味「調和している」ように
見えなくは無いだろうが…

それって 調和「している」のでは無くて
実は、何も「していない、考えてない」わけで

切れない関係


自分が、どんな風になりたいと思おうが

自分と「周囲や世間」との関係は
絶対に 切ることができない以上、

周囲を、しっかりと見て、
一定の配慮を心がけることは
どんなことをする上でも大事であるはず

全くの自分勝手に「したいこと」が
ある場合だって…それを
「どのように発揮するのか?」と
考える際は、周囲を見なきゃいけないわけで
posted by qzb02432 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心の持ち方

2017年01月18日

姿勢を正す

姿勢


このブログでも頻繁に言っていることだが
「姿勢」って、基本中の基本であり
とても大事なものだ

姿勢が良くなかったら、
多くのモノゴトは 効率が悪く、
ムダが多いモノになるだろうから



スポーツの世界でも
まずは「正しいフォーム」を叩き込まれるし

ピアノ教室などでも
「手の形」「指運び」などが
美しくなるように指導される.

姿勢を正す


だからか、多くの人が、人を指導する際に
「姿勢を正せ!」というようなことを
うるさく言う.

そして実際
「正しい姿勢」を 身につけただけで
多くのモノゴトが、今までよりもラクに
できるようになるものである.

「正しい姿勢」というのは
それだけ大事なことだから.

今の姿勢


しかし…(ここからが本題なのだが)
「姿勢の悪い人」当人にとっては

現在の、その「悪い姿勢」が
最も やりやすい、
居心地の良い状態だということ
は、非常によくある.

他人から見たら
「明らかに、もっと正しい姿勢でいたら
今よりも、ずっと良くなるはずなのに…」
としか思えなくても

当人としては、どうしても
「やり慣れた、今のスタイル」から
抜けられない.

私自身にも、そのような
「もう 今更、変えられないもの」が
実感できるモノだけでもいくつかある.

無理に正しても


そして…そういった
「なかなか変えられない、悪い姿勢」
というのは

無理して 正そうとしても
上手くいくことはあまり無い.

…というか、多分「無意味」だったりする

悪い姿勢の前提


何故ならば…
悪い姿勢を「快適」だと思っている人には

その悪い姿勢が快適だと感じられるような
環境や、前提、思い込みがあるから

たとえば、自分に合わない椅子で
普段、生活している人は
椅子が合っていないからこそ、
正しい姿勢を快適だと思えない.

悪いのは、悪い姿勢では無くて
悪い姿勢になるような椅子のほう.

そのような前提がある人に
表面的に「姿勢を正せ!」とだけ言っても
ほとんど無意味である.

大事なのは
「正しい姿勢が、気持ち良いモノであると
実感できるような、正しい環境」であるわけで

考えを歪める


つまり、姿勢や考えが
「歪んでいる」人というのは
普段の生活の中に「歪む原因」があることが多い

だから、自然と 悪い姿勢になってしまう.

大切なのは、まず
その「悪い要因」に 気が付き、
これを除去することであるはず.

あるいは、その人の中に
「間違った思い込み」があることが
「歪んだ考え方や姿勢」の原因に
なっていることもあるだろう

そのような「姿勢の悪い人」に
ただ、頭ごなしに
「姿勢を正せ!」と 命令したって
何の納得も無いし、何も良くはならない

結局は戻っちゃう


教師や親が、生徒や子供に
口うるさいお説教をして、
何か「良い心がけ」を実戦させてみても

しばらくすると、悪習慣に戻ってしまう
…なんてことは 多くあると思う



こんな時にも、考えてみて欲しいのは

もし、その「良い心がけ」が
本当に 良いものであるのならば…
本当に良いと、心から思えているのならば

誰が何を言わなくたって、皆、そうしているはず

それなのに、何故、説教を怠っていると
悪習慣に「戻っちゃう」のだろうか?

そういうのを表面的に正したって、
本当に無意味だ
posted by qzb02432 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2017年01月17日

自分への感度

体調


自分の「身体の各部の具合」や「体調」は
自分が、一番分かる.
自分が、一番分かることができる.

だけど…自分自身の身体に意識を向けて
「いつもと違う、違和感」や
「徐々に調子が悪くなっていく感じ」を
敏感に察知出来る人もいれば、

かなり悪化してから、
ようやく自分の体調悪化に気づくような
「鈍い人」というのも いるものだ.

つまり「自分自身に対するセンス」も
人 それぞれだということ

心の変化


同じことは、体調だけでは無くて
「自分の心の変化」などにも言える.

つまり、
自分の感じた「微妙な変化や違和感」を
高い感度で 拾い上げることが出来る人もいれば

「あまり自分自身に意識を向けていない人」や
「自分の内部のモノを拾い上げるのがヘタな人」
もいるわけで.

拾う能力


そして…考えてみれば
人が「何かに 気がつく」という能力は

自分に沸き起こった
「感情の高まり、変化や違和感」を
拾い上げることができるかどうかの感度に
よっている
と思える.

つまり、自分自身への感度が高い人は
誰から、教えられることが無くても
沢山のことに「気づく」ことができる



そして、あらゆる
「クリエイティブな活動、創作」において
「気づき」というのは
何かのヒントであり、動機になるものなのだから

これは クリエイターにとって
非常に重要なものであるはずなのだ

人を知る


また、クリエイターというのは
「人間全般」の持つ
「心理の変化」や「消費行動」など
人の 深い「感じ方、考え方」に
熟知している必要って あると思うけれど

そういった「人間の特性を深いレベルで知る」
ためには
まず「自分自身の観察」をしたらいいはず.

つまり、どういうモノや展開があったら
自分に どのような 微妙な心の変化が起きるか
…ということを、高い感度で拾い上げることが
できる人は
「人の微妙な心理を知る」上で大切なわけで

「自分自身へのセンスが低い人」というのは
このポイントから見ても、明らかに不利だ

人間を知る


要するに
「どれだけ自分のことを分かることができるか」
って、
「どれだけ人間全般を深く知ることができるか」
ということと、ほとんど同じことであるはず

「人間観察」という言葉があるけれど
自分にとって、一番観察しやすい
「観察対象」って、自分自身であるはず.

だから、まずは
自分自身に向き合う意識を
高いレベル、深いレベルで持とうと
してみては、どうだろうか